エアロバイクのおすすめ【2018年版】家庭用タイプの失敗しないコツ

エアロバイク

スポーツジムに設置されているエアロバイクですが、家庭用で気軽に運動できるフィットネス器具として数多く販売されています。

その数は年々増え続けておりニーズによって細分化されています。自宅にいながら気軽に運動できるエアロバイクですが、選び方に注意が必要です。libloomでは失敗しないエアロバイクの選び方を9つの項目をチェックするだけにしてありますので是非読み進めてみてください。

実際に購入したスタッフのレビュー記事も掲載していますので、参考に。

エアロバイクの選び方のポイント

エアロバイクを買おうと思ったときにまず最初に最低限抑えるポイントがあります。流れとしては以下の通り。

エアロバイクの選び方の流れ
  1. あなたにあったエアロバイクの種類を知る
  2. あなたのサイズにあったものを選ぶ
  3. あなたの目的に応じた機能を選択(9つの項目)

といった流れです。あとはコスパに合わせてお好みのエアロバイクを選択してください。

また、メーカーによって特色もあります。安心の日本製が良いとか、サポートが充実してるなど、そういったメーカー比較も掲載していますのでご参考に。

エアロバイクの種類

エアロバイクは大きく分けて4つに分けられます。それぞれ運動や設置場所によって特徴があります。

種類 運動レベル 大きさ 売れ筋価格帯
アップライトタイプ 初級~中級 約横50×奥行90前後 1~3万円台
折りたたみタイプ(Xバイク) 初級~中級 約横50×奥行90前後 1~2万円台
スピンバイク 中~上級 約横50×奥行130前後 3~5万円台
リカンベントタイプ 初~中級 約横60×奥行130前後 2~4万円台

以下、詳しくみていきましょう。

アップライトタイプ

出典:www.amazon.co.jp

通常の自転車と同じような乗り心地で最も一般的です。まず最初にエアロバイクをかうのであればこちらを選択すると良いです。価格帯に差がありますが、低価格なものは負荷調整ができないものがありあなたが求める機能がついているのかを確認する必要があります。

【必見!!】libloom独自レビュー記事

エアロバイク 鉄人倶楽部 IMC-61買った!口コミ・レビュー
今回は「鉄人倶楽部 IMC-61」を購入した山下さん(43歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。 実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。 エアロバイク「鉄人倶楽部 I...

折りたたみタイプ(Xバイク)

出典:www.amazon.co.jp

決められた設置場所がない方にはうれしい折り畳んでコンパクトに使えるのが特徴です。ただし、その分簡易的な設定しかない場合が多く、機能的にも限られています。また身長に合わせて細かい調整ができず、安定感も悪いので漕ぐときにバランスが崩れたりということも起こります。

スピンバイク

出典:www.amazon.co.jp

見た目にスタイリッシュでロードバイクのような形状になっているスピンバイクはアスリートや高負荷で運動したい方向けになります。最大の特徴は負荷が高い練習が可能で練習メニューもさまざまなことができます。半面、かっこいい見た目で初心者がダイエット目的や運動不足解消で買ってしまうと継続できなくなることになるので注意が必要です。

リカンベントタイプ

出典:www.amazon.co.jp

他のエアロバイクは上半身を起こしてペダルを漕ぐため脚の上下運動になりますが、リカンベントタイプはシートに深く座り脚の屈伸運動でペダルを漕ぐため腰痛を持ってる方やリハビリ、高齢者の方にお勧めできます。ただし、その分設置面積が必要になります。

エアロバイクを選ぶ際の9つの項目(機能と性能を考える)

エアロバイクは種類や値段によってさまざまな機能がついています。どういったチェック項目があるでしょうか?以下、9つ項目を確認するようにしましょう。

項目 解説 初心者のチェック項目
表示項目 数値を見ながら運動するとモチベアップになります。
  • スピード
  • 回転数(ケイデンス)
  • 運動時間
  • 走行距離
  • 消費カロリー
プログラム機能 体力測定をした上で数種類の運動を組み合わせてトレーニングできます。正確な消費カロリーも割り出されるのでダイエットのモチベーションが保たれます。 ダイエット目的なら必須
負荷方式 3つのタイプがあります。

  • マグネット式
  • 電磁式
  • 摩擦式(ベルト式)

※補足1参照

ダイエット、運動不足解消なら、マグネット方式で十分
連続使用時間 連続使用が制限されてるものがあります。30分使用して15分や1時間空けるといったようなことですね。これはエアロバイクの熱を逃がすために必要とされています。基本的に制限がないタイプは高額です。 どれぐらいの時間連続で乗り続けるか?
心拍計 運動における心拍数のチェックは必須です。有酸素運動が基本なので、常に最適地で運動しているかを確認する必要があります。 ダイエット目的なら必須
サドル高さ調節&前後位置調節 サイズがフィットしないエアロバイクは運動効果を最大限発揮できません。自分の体形に合わせて調整ができるものが良いです。家族が乗る場合はネジ式ではなくワンタッチ式の方が便利です。また前後の調整ができるものもありますので、細かな調整ができた方が運動効率もあがります。

※補足2参照

共同使用の場合、調整はワンタッチ式に。
ハンドル角度調整&高さ調節 ハンドル角度や高さが調整できます。調整ができるとよりフィットするポジションで乗ることができます運動効率やストレスにもつながってきます。 角度、高さが調整できるタイプを選ぶべし
折りたたみ機能 設置場所の問題で折り畳み式でないとダメな場合は選択肢はありませんが、連続運転の制限がタイトだとか安定性に欠けます。ほとんどのモデルは30分以上連続でできませんので、本格的な運動をしたい方には向きません。 設置場所の広さをチェック
操作のしやすさ エアロバイクには多機能なものもありますが、説明書を見て設定方法や運動メニューを調べないといけない複雑で難しいものもあります。 感覚的に操作可能なものがベター

※補足1 負荷方式について

負荷方式のメリット・デメリットは以下になります。

マグネット式

磁石の距離によって負荷をかける方式です。家庭用のエアロバイクのほとんどに作用されています。

メリット デメリット
  • 静か
  • 価格が安い
  • 耐久性が高い
  • メンテナスが容易
  • 故障リスクが低い
  • 負荷が低い(高速域は特に弱くなる)
  • 負荷調整がしにくい
電磁式

電機を使って磁力をコントロールします。マグネット式より広範囲の負荷調整が可能です。

メリット デメリット
  • 静か
  • 負荷調整が細やかに設定できる
  • コストが高い
摩擦式(ベルト式)

ホイールに直接ブレーキパットを当て、負荷をかける。主にスピンバイクに採用されています。

メリット デメリット
  • 負荷調整の幅が広い
  • 高負荷設定ができる
  • 運転の時間制限がない
  • 音が大きい

※補足2 サドル高さ調節&前後位置調節

エアロバイクのサイズはあなたが思うより大事な要素になります。サイズ調整を疎かにすると運動効果が激減します。ピッタリのサイズでエアロバイクに乗りましょう。

注意すべき点は2点です。

・エアロバイクのサドルの高さがどれぐらい調整可能か?
・そのサドル高さがあなたの股下と合っているか?

まず、あなたの股下を計測しましょう。

股下の測り方
  1. 鏡の前に立つ
  2. 5cmほど足幅を開く
  3. 股間に床と平行になるようなものを挟む
  4. メジャーで床との距離を計測

1人でやるより誰かに計測してもらう方が正確に計測できます。1人で面倒な場合は簡易的に算出する方法もあります。一般的に身長の約45%が股下になります(スタイルが良いと自負してる人は計測をオススメします。)

簡易的な計測方法
身長 × 0.45(日本人平均股下比率) = 股下の長さ(足の長さ)

身長が160cmの人であれば、72cm程度ということになります。

あなたの股下のサイズがわかったら、その数字に0.85をかけます。これがあなたのサドルの稼働範囲なりますから、サドル高をそのサイズに合わせます。

例えば、あなたの股下が72cmであれば、0.85かけて61.2cmがあなたのサドル高です。

エアロバイクの場合、2~3cmピッチで高さ調節できますので、サドル高さの誤差は±3~5cmの範囲におさまるように調節すればバッチリです。

注意点
適切なサドル高さは床からの高さではなく、クランク軸からサドルの上面までの高さになります。しかし、一般的にメーカーは床からの最小〜最大高さを表記しています。そのため自分のサイズにベストなエアロバイクを見つけるのは難しいです。立った時に腰骨までの高さがあればだいたい適切なサドル高さに調整可能です。大事なのはあなたのサイズなので口コミだけでなく、サイズ表記を気を付けるようにしましょう。(特に身長が低い方は注意してください。一般的な日本人の平均身長であれば問題ないです。)

エアロバイクのサイズ・身長一覧表

主なメーカー

エアロバイクで売れ筋のメーカーを列挙しました。メーカーによって特色があるのでコスパ重視、機能重視、日本製が良いなどチェックしてみてください。

アルインコ(ALINCO)

初心者向けやライトユーザーに対して人気のあるメーカーになります。負荷方式がマグネット式のものが多く静穏性は高いです。連続運転が30分程度というものが多く、中国製ということもあって品質が安定していないのと、サポートが少々難ありのようです。

コナミスポーツライフ (Konami Sports Life)

 コナミはもともとスポーツジム向けに開発されていますのでさまざまな用途に応じたエアロバイクがあります。パネル部分でも脈拍センサーを元に多種多様のプログラムがありますが、若干値段は高めです。

DAIKOU(大広)

 初心者やライトユーザー向けのエアロバイクが多く家庭用に特化してるため負荷はマグネット式で静穏性に優れています。安価ですがサポートはやや悪いようです。

イグニオ(IGNIO)

 折り畳みのエアロバイクを専門に扱っているメーカーです。デザインもスタイリッシュなのでおしゃれに気軽に楽しみたい人には最適。またサポートも手厚いです。

リマーク(Remark)

 家庭用のエアロバイクを専門に取り扱っていて、その形状は独特なものが多く一目でリマークとわかります。キャスター付きで運びやすくコンパクト設計になっています。

ホライズンフィットネス(HORIZON FITNESS)

 4つのラインナップに絞った展開をしていて、製品が丁寧な作りをしています。サポートも充実しています。

ヤマトヒューマン(Yamato-Human)

 健康系の器具を取り扱っているメーカーでその技術がエアロバイクにも生かされています。その反面クオリティが低くトラブルも多いようで、サポートもあまりよくないようです。

ダイヤコ(Dyaco)

 スポーツクラブ用としても採用されているメーカーです。もちろんその技術が家庭用のタイプにも活かされていて負荷トレーニングなども細かく設定できるものもあります。

ハイガー産業(haige)

 スピンバイクのみを製造しているメーカーです。もともと農耕・製造機械を扱ってるのでその技術がスピンバイクにも活かされています。自宅で本格的なトレーニングを希望される方に向いています。

2018年版タイプ別のエアロバイクオススメ3選

エアロバイクの需要はタイプ別で異なります。どのタイプが自分の求めるもか決まったら推奨されている身長と体重をチェックして、必要な機能があるかどうかを確認してコストに見合うかで判断しましょう。

アップライトタイプ

初心者の方で、設置場所に余裕があるのであればアップライトをオススメします。折りたたみタイプよりも安定感や機能が充実している傾向にあります。

3位

良い口コミ
  • サドルの高さがかなり低くも出来るので、小学生の子供も楽しくトレーニングしてます。
  • 目標のカロリーや、必要な負荷などお任せできるので只々漕ぐだけです。パーソナルトレーナーがそばにいるような安心感と、次のステップへの意欲が湧いてきます。
  • プログラム機能を使って運動にメリハリをつけられるので良いです。
  • 静粛性など基本性能はしっかりしていて安心できます。
悪い口コミ
  • ある程度運動慣れしてる人には負荷が物足りないかもしれない。
  • ハンドルの角度調整範囲が狭い
  • ペダルの負担は16段階ですが1~16までの負担幅はそれほど広くありません。

2位

良い口コミ
  • 安くて静か、サドル高さや負荷の調整範囲も広く、基本的なところに不満はありません。
  • ロードバイクのローラーを使ってたんですが、音がうるさかったのでこちらに変えたら静かで部屋で乗ってても殆ど音無いです!
  • シンプルながら最低の表示(距離・カロリー・時間・脈拍・速度)はしてくれるし、なにより私の身長でも窮屈に感じないのがいいです。
  • 組み立てに慣れている方は説明書を見なくても組み立てられるレベルです。
悪い口コミ
  • サドル部分が硬くお尻が痛くなりますので別途でカバーを購入しました。
  • ラビィと比べてペダルが重く、有酸素運動に不向き。またペダルがギザギザで降りるときに、足の内側を擦ってしまいミミズ腫れになることもたびたびあります。
  • 2、3週間使ったくらいからなにかこすれるような音がし始め、それからは使うごとにその異音は大きくなり、ついには階下からうるさいと言われました。
  • サドル固すぎです。

1位

良い口コミ
  • 組み立ては一人で20分程度です。
  • 想像してたよりもしっかりしてて、ジムとかに置いてある奴みたいでびっくり。この価格でこの機能と静かさなら文句なし。
  • 組み立ても簡単で、音も静かで、いつも深夜に使っていますが、全く気にならないです。
  • 安価なので届くまでは少し心配していました。実物はクオリティーも高く良い製品です。大変気に入っています。
悪い口コミ
  • 2週間も経たずして内部から異音が発生しました。ガタンガタンと部品が外れたような音です。
  • 心拍計が働いたり、止まったり不安定です。心拍数はapple watchと10~20くらい誤差があったため、あまり参考にしていません。
  • サドルが堅いので、サドルカバーは必須です。
  • こんな割れ方はないでしょう!!とても危険でした!!!

libloomの独自取材!

アップライトタイプで「ながら作業」をしながら運動するのには最適の机付きのエアロバイクを実際に購入した方にレビューしてもらいました。

【必見!!】libloom独自レビュー記事

エアロバイク 鉄人倶楽部 IMC-61買った!口コミ・レビュー
今回は「鉄人倶楽部 IMC-61」を購入した山下さん(43歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。 実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。 エアロバイク「鉄人倶楽部 I...

折りたたみタイプ(Xバイク)

どうしても設置場所がない。決まった場所に置けないという方はおりたたみタイプが人気です。以前の折りたたみタイプよりも安定感、機能が充実してきてるようなので、アップライトタイプよりも差がないという声もあります。

3位

良い口コミ

負荷を「6」にすると、それなりの負荷がかかります。6で漕ぎ続ければ汗をかくと思います。7以降だと筋トレにも使えそうです。

  • 説明書を読んで一人で15分程度で完成。音は静かで全く問題なし。
  • 背もたれがあるので本を読みながら使えます。
  • 一日15分程度の運動でも、十分に効果がでます!折り畳み式なので収納もバッチリです!
悪い口コミ
  • ハンドルに着いたメーターは液晶が暗く、距離、時間等の表示サイクルが短いので、単なる飾り
  • 使う時に、メーターが0から動かなくなりました。
  • ハンドルの角度が調整できない、負荷が最大にしても軽め、ペダルにベルトが付いてない
  • サドルが大きいのでお尻が痛くなります
  • 取扱説明書が入っていませんでした。

2位

良い口コミ
  • タブレットホルダーは大きめで中央付近が窪んでいるのでスマホも置けるし、ひょっとすると薄めのノートパソコンなんかも置けそうです。
  • 1人で30分~1時間程度で組み立てられると思います。場所が必要なのとメインの骨組みパーツが大きくて重いですが、女性でも問題ないと思います。
  • 背もたれ付でエクササイズバンドも付いてカラーも良く部屋にマッチしています。
悪い口コミ
  • 負荷調節機能は、最高8レベルでもそこまで重くはないのでトレーニング目的には物足りない
  • 使用3日程で「コンコン」といった大きめの音が鳴り始めました。現品はそのまま運送会社に渡せば良いとのことで、サポート対応は素晴らしいと思います。
  • 30分動かしたら1時間マシンを休ませないといけないが、運動不足だった私は10分で限界だった。
  • メーターパネルも比較対象で大きく見やすい割には操作性が今一つ。

1位

良い口コミ
  • 組み立ては割合簡単に出来ました。
  • 安いですが、しっかり使えます。畳んで部屋の隅へ置いておけるのがうれしいです。
  • 1万円以下で購入しました。手軽に運べるので忘れずに使用出来てます。
  • クロスバイクなら好きな時間に格好も気にせず、TVを見ながら出来るので、気持ち的にも楽でほぼ毎日、だいたい夜に30分〜60分ほど乗っています
悪い口コミ
  • サドル自体はとーっても固いのには変わりがないので今からサドルカバーを購入したいと思います。
  • 使い始めて3週間、1回転ごとに͡コトッ、コトッ、とかなり大きな音がするようになりました。
  • 4か月目でメーターが使ってる最中にリセットになったりする症状で故障

スピンバイク

がっつりと負荷をかけたいのであればスピンバイク1択です。多機能で設定が多種多様に選べ、がっしりした作りの割に値段がリーズナブルなものがリリースされています。

3位

良い口コミ
  • フレームが丈夫なのでガンガン走れて、ホイールの騒音も心配してたほど気にならなかった!
  • 大型タブレットが置けるので動画を見ながらエクササイズできるのは良い。
悪い口コミ
  • 組み付けの際、付属の工具が薄いレンチだった
  • ハンドルの金属部にサビあり、メッキもはがれあり、ナット渋くてまわらない

2位

良い口コミ
  • 騒音とかあるかなあと心配していたけど、実際に使ったら、意外にとても静かだ深夜でも運動できる
  • レビューで不良品などがあり不安に思っていましたが自分わ当たりなのか特に不都合なところは、ありませんでした。
  • 負荷を調整でき軽いレベルに物足りなくなったら重く調整ができます。走行距離、速度をモニターできるため目標を設定して取り組んでいます。
悪い口コミ
  • サドルは硬いので多分お尻が痛くなるので、対応必須
  • 負荷をかけるとスポンジ?の部分がディスクのこの部分に当たるたびに削られシャカシャカ音が鳴るわ削られた部分が埃のごとく散るわと微妙なものでした

1位

良い口コミ
  • 組み立ても容易で作りも頑丈です。使用時の音も静かで、集合住宅でも問題無く使えると思います。
  • ロードバイクのインドアトレーニングに購入。とても静かです。夜中に木造アパートの2階でも使用出来ます。
  • 普通のエアロバイクと違って30分漕ぎ続けても壊れたり、部品に故障が出たりしないので、映画やドラマ、テレビを見ながらずっと続けることが出来て良かったです。
悪い&注意の口コミ
  • ハンドル部分の金属が差し込みにくく動かしづらい事
  • サドルの高さ、ハンドルの高さを固定する金具が非常に使い辛い
  • 1台目は4ヶ月の使用でサドルを固定する部分が折れ2台目は1ヶ月とたたないうちに漕ぐと異音がするようになりホイールの下に黒い粉らしきものが落ちてくるようになりました
  • 重くて大きめの商品なので一人暮らしの当方にとってはとても労力・場所・時間をとって大変でした。
  • ペダルはシューズを利用しないと足が痛いためそこだけは注意が必要です。
  • ポジションの設定間隔がかなり大ざっぱなのとQファクターが大きいので、この辺りに神経質な人はつらいかもしれません。
  • 高ケイデンスや立ちこぎは若干危険です。ピストバイクと同じように、足が止まりません

リカンベントタイプ

設置場所が必要なため場所の確保ができないとなかなか選択肢になりにくいですが、腰痛持ちの方やリハビリには最適です。ダイコーのリカベントタイプが人気ですね。

3位

良い口コミ
  • スポーツセンターに置いてあるマシーンと同じタイプなので、脈拍・回転数・時間・負荷の具合の他にも詳細なデータがパネルで分かるのがまた良い
  • 10万前後とお値段はちょっとお高いけど買って良かった
悪い口コミ
  • シートの品質に安物感がある。
    強度上問題ないと思えるが溶接部の仕上がりは良いとは言えないレベルである。端的に言えばヘボ溶接。
  • ディスプレイの表示変換操作が解りにくく、取説の内容も説明が不十分。
  • 電源のAC-DCコンバーターが別物で本体に組み込まれていないので足元に転がす状態で乗り降りの際に踏みつける可能性があり危険である。

2位

良い口コミ
  • 使用感ですが、とても良いものです。振動や漕ぐ際の音は全くしません。負荷も細かく調整出来ます。
  • ほぼ満足。
悪い口コミ
  • 16段階の重さを全体的に軽くしてほしかった。
  • 液晶画面がショボいのと、液晶の横にあるハンドル?の存在理由が分からないことだけが不満
  • 筐体内の電源配線がフライホイールに接触していて、被覆が破れていました

1位

良い口コミ
  • つくりは結構しっかりしていて安心感がある。使用中の音もかなり静かで、夜間に使っていても苦情が出ることはないと思われる。
  • 母のリハビリ用も兼ねて購入しました。150センチの母も180センチの私も快適に使えます。背もたれのないタイプ2台の後の3台目ですが、買ってよかったです。
  • 背もたれ付きで楽ですが、30分以上使うとお尻が痛くなってくるのでクッションを引いて使ってます。
悪い口コミ
  • ペダルの回転によって徐々にネジが緩んでくる。
  • 椅子のグラつきが酷いです。
  • 座面が硬い(プラスチック)。脈を図るのが椅子の横のグリップにしかないからスマホをいじるだけでも脈が出ない

その他のランキング

その他のエアロバイクのAmazonランキング

その他のエアロバイクの楽天ランキング

iibloomが注目する面白い商品

エアロバイク部門で、libloomが注目する商品がこちらです。

足はもちろん手まで鍛えられるコンパクトな自宅用トレーニングマシーンです。

これ結構売れてるんです!

どうしても場所がとれないという方に気軽に自宅の椅子に座りながら有酸素運動できるという優れものです。

負荷はどうしてもゆるいですが、それでも場所がなく時間もない。かといって外で走るのは抵抗あるって人はチェックしてみてくださいね。

まとめ

エアロバイク一口にいってもいろんなタイプがあります。まずはタイプ別に選び、次はなんといってもサイズが合うかどうかのチェックを忘れずに。

あと、各種口コミの参考も参考にできるものと、できないものがあります。エアロバイクは中国製ということもあって、安価なものはトラブルも多いです。

1週間や1ヶ月で不具合が生じるといったこともありますので、安価なものはどれだけ割り切れるかということも必要になってくると思います。

また初心者の方であれば、あなたが継続できないといったこともありますので、まずは安価なものでエアロバイクを体験してみるというのも一つだと思います。

libloomでもエアロバイクを購入したレビューをしていますので、こちらも参考にされてくださいね。

【必見!!】libloom独自レビュー記事

エアロバイク 鉄人倶楽部 IMC-61買った!口コミ・レビュー
今回は「鉄人倶楽部 IMC-61」を購入した山下さん(43歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。 実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。 エアロバイク「鉄人倶楽部 I...

コメント