パナソニック 音波振動ハブラシ ポケットドルツ EW-DS42の口コミ・レビュー|携帯用の電動歯ブラシの評判は?

電動歯ブラシ

「パナソニック 音波振動ハブラシ ポケットドルツ EW-DS42」を1ヶ月ほど使ってみた『清泉さん』52歳/女性に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

パナソニック 音波振動ハブラシ ポケットドルツ EW-DS42を購入しようと思ったきっかけ

私は歯が悪く、毎年歯医者のお世話になっていました。去年、「今年こそは」と思い、毎日の歯磨きを欠かさずに続けたところ、歯医者に通う事なく無事に新年を迎えられました。ところが「目標達成」と喜んでいたのもつかの間、3月になって虫歯が見つかったのです。ちょっとショックでした。

これまでと同じ歯磨きでは、また虫歯ができるのでは?何か変えなければ、と思い、あまり労力を増やさずに効果が期待できそうな電動歯ブラシの購入を検討しました。

パナソニック 音波振動ハブラシ ポケットドルツ EW-DS42を知ったきっかけは?

CMでも見かけるフィリップスのソニッケアの他、ブラウン、オムロン、パナソニックも電動歯ブラシを作っていることは知っていたので、早速量販店へ行き物色してきました。サイズやデザインも様々、コップの様なものに歯ブラシを入れておくだけで充電出来るもの、さらにはスマホと連携する機能があるものなどがあり、驚きました。

電動歯ブラシを買う際に重要視したポイントとは?

今回は、これまでの歯磨きの労力はそのまま、であることを重視しました。つまりシンプルなものです。スマホ連携など先進的な機能に少し魅力を感じたのは事実ですが、そこまで使いこなす自信がありませんでした。また旅行などにも持って出かけられるようなコンパクトなものがフル活用できてベターと考えました。

購入に迷った電動歯ブラシは?

購入に迷った電動歯ブラシは以下の商品です。

パナソニック、EW-DS1C

ブラウン オーラルB PRO2000

最終的に選んだのが、本製品、パナソニックのEW-DS42(ピンク)です。シンプルに歯を磨くことに特化した製品は意外に少なく、携帯性も考慮すると同じパナソニックのポケットドルツシリーズであるEW-DS1C、ブラウンのオーラルB PRO2000の3機種に絞られました。

オーラルB PRO2000は丸い歯ブラシが回転するタイプで、いかにも電動歯ブラシという感じに惹かれましたが、これまでの歯磨きと大きく感触が変わってしまいそうで、自分に合うかどうか心配でした。

結局、振動式のパナソニックDS42かDS1Cのどちらかにすることにしました。価格もオーラルB PRO2000の半額以下という事もポイントでした。どちらにするか、かなり迷いましたが、サイトに掲載の情報でDS42の方がやや長いことが分かり、こちらの方が奥歯までしっかり届きそうに思われたためDS42に決定しました。デザイン的にもDS1Cはやや派手に感じられ、DS42の落ち着いた雰囲気の方が私の好みにも合いました。

パナソニック 音波振動ハブラシ ポケットドルツ EW-DS42の特徴、性能

  • 本体サイズ:高さ16.0×幅1.65×奥行1.8cm
  • 電源:乾電池式(単4形アルカリ乾電池×1本または、単4形充電式電池×1本。)
  • 付属品:ポケットドルツ用極細毛ブラシ1本
  • 振動数:毎分約16,000ブラシストローク
  • 本体重量(kg):0.03

キャップをすると、大きなリップスティックのようになります。

ブラシが露出しないため、バッグやポーチに気軽に入れて持ち歩くことが出来ます。電動歯ブラシの恩恵をどこでも受けることができ、利用できるシーンが多いです。

単4電池1本で動作します。

ヘッドはワンタッチで交換可能。

ポケットドルツ用極細毛ブラシなので、毛先が細やかです。

パナソニック 音波振動ハブラシ ポケットドルツ EW-DS42のメリット

↑わかりにくいですが、動きはこんな感じ。

1ヶ月ほど使いました。手で磨くよりも、しっかり磨けている感じです。今までの磨き方が少し雑だっただけかもしれませんが。

また携帯性を考慮したとはいえ、奥歯までちゃんと届くのか、正直なところ気になっていたのですが、私の場合は問題ありませんでした。DS1Cとの比較はしていませんが、やはり長いDS42を選んで正解だったと思います。

パナソニック 音波振動ハブラシ ポケットドルツ EW-DS42のデメリット

単4乾電池1本で動きます。最初は充電式であればもっと良かったのに、と思っていましたが、どこでも手に入る乾電池式の方がバッテリー残量をあまり気にする必要が無く携帯性を損なわないかもしれません。乾電池の使い捨てが気になるのであれば、充電式の電池を使えば済む話です。

乾電池のストックを気にする方もいると思いますが、テレビやエアコンなどの家電製品のリモコンでは単4乾電池を使っているものが多いため、予備で買っておけば良いと思います。事実、我が家では常時2本は予備で置いてあります。

パナソニック 音波振動ハブラシ ポケットドルツ EW-DS42の総合評価

スイッチ部分がちょっとチープな感じですが、価格を考えるとやむを得ないところでしょう。それ以外は非常に満足しています。

ポケットドルツ EW-DS42の口コミ・評判は?

パナソニック 音波振動ハブラシ ポケットドルツ EW-DS42のネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 以前のドルツと比べて、電池の持ちが良くなった。こちらのは1回電池交換すると、3週間持ちます。
  • コスパがとてもいいです。この価格で携帯できて、性能が良いのは他にはないです。
  • 旅行用なので多少長さが短いのは仕方ないと思って使っていますが、パワーも十分でとても良いです。
  • 振動がかなりいい感じで動くので磨けた感が半端ない。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 携帯用なので、音波が思ったよりも弱い。あとは短いので磨きづらい。仕方ないけど。
  • 比べても仕方ないですが、家庭用のと比べるとどうしても振動に見劣りしてしまう。
  • 極細毛で歯茎を磨けてる感があるけど、ドルつと比べると役不足だな。

SNSの反響は?

インスタでもポケットドルツを使っている方の投稿が目立ちますね。気軽に携帯してぱっと磨けるのでとても便利と好評のようです。

amano’s houseさん(@amano_house_)がシェアした投稿

はじめは旦那しか使ってなかったけど、良さそうだったので私も購入。

ネコ?さん(@mi.taro.hana)がシェアした投稿

ポケットドルツでランチ磨き♪

manaさん(@chan0123chan)がシェアした投稿

お気に入りのポケットドルツ。

パナソニック 音波振動ハブラシ ポケットドルツ EW-DS42の購入を考えている人へアドバイス

EW-DS42は歯磨き時の違和感が少なく、価格的にもリーズナブルなのでお勧めです。それでもやはり充電式で携帯しやすいものが良い、という方は、少々高いですがブラウンのオーラルB PRO2000を検討してはどうでしょうか。回転式に馴染めるかどうかがポイントかもしれません。

電動歯ブラシの各種ランキング記事はこちら

▼電動歯ブラシおすすめランキング【2018年版】口コミで高評価☆

電動歯ブラシおすすめランキング【2018年版】口コミで高評価☆
皆さんは、電動歯ブラシ使っていますか?普通の歯ブラシでは中々落とせない、歯垢や歯のステイン、黄ばみをしっかりと落としてくれる電動歯ブラシ。歯の健康を考える上では、欠かせないアイテムです。 とはいえ、電動歯ブラシの種類は多種多様。どれを...

▼安い5千円以下のおすすめ電動歯ブラシ!低価格&性能◎【2018年版】

安い5千円以下のおすすめ電動歯ブラシ!低価格&性能◎【2018年版】
高性能の電動歯ブラシも魅力的ですが、電動歯ブラシを試してみたいという初心者の方や、クリーンモードしか必要ないという方は低価格の電動歯ブラシがおすすめです。 今回は、安いながらも性能◎の人気5,000円以下の電動歯ブラシをランキング形式...
電動歯ブラシ
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM