【レビュー】象印 ステンレスマグ SM-KB-48は性能が違う!

水筒

象印 ステンレスマグ SM-KB-48を3年愛用している『みーかんさん』(50歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。

象印 ステンレスマグ SM-KB-48

実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

象印 ステンレスマグ SM-KB-48を購入しようと思ったきっかけは?

職場での飲み物は、蓋つきのマグカップに入れていつも自分の机の上に置いていました。

ところが勤務地が変わり、異動先では蓋つきのマグカップに入れた飲み物を置けるスペースがなくなってしまいました。

そこで、マイボトルを利用するようになりました。(イオン シンプルワンタッチマグボトル)最初の頃は毎日使うものだから手頃な値段で買えるイオンのオリジナルマイボトルを持ち歩いました。

しかし、扱い方が悪かったのか毎日使用していると蓋を閉めているのに徐々に中身がこぼれており、バッグの中がいつの間にか濡れていたのです。

しかも、氷を入れておいても氷の溶け具合も早いようで、冷たい水を長い時間キープできない感じがして時々不満を感じていました。

毎日使うものですからこれでは困ってしまうので、やっぱり象印やタイガーのような魔法瓶に特化したメーカーで安心してマイボトルを使おうと思い、しっかり保温できるマイボトルを探すことにしました。

象印 ステンレスマグ SM-KB-48をどのようにして知りましたか?

職場の同僚数人がマイボトルを持参していましたが、メーカーや形、サイズもそれぞれ違ったタイプのマイボトルを使用していました。

その中に象印とタイガーのマイボトルを見つけたので、使用している様子を見ていたり、使用感などを伺い、まず家でインターネット検索をしました。そのあとで家電量販店へ出かけていき、””実際に自分の目で見て・触って・持った時の重さの感じ方・蓋の開閉具合など””を確かめてみて、「コレならいいかも⁉」と感じました。

インターネット検索キーワード

水筒
マイボトル
マグボトル
メーカー(象印・タイガー・サーモス)
直飲み

ステンレスマグを買う際に重要視したポイントとは?

私がステンレスマグを購入しようと思ったときに重要視したのは以下の4つです。

1.持ち運びやすいこと

自家用車で駅へ向かい、そのあと電車で通勤をしていたので、バッグに入れても安定していてこぼれたりせずに持ち運びできるといいなと思っていたからです。

2.本体がなるべく軽いこと

電車通勤なので、持ち歩く際になるべく荷物は軽くしたかったからです。

3.しっかり保温・保冷ができて、その温度を長時間キープできること

サービス業なのでお客様との会話をずっとしていると喉が渇くので、一口ちょこっと冷たい水が飲めるとリフレッシュできるからです。

4.お手入れがしやすいこと

毎日使うので、洗いやすい物がいいと思っていたからです。”

購入に迷ったステンレスマグは?

購入に迷ったステンレスマグは以下の商品です。

タイガー サハラ MMZ-A501AA

象印 ワンタッチオープン SM-SD48-AM

サーモス 真空断熱ケータイマグ JNL-503

タイガー マグボトル MMZ-A602WW

購入をする時に最後まで迷っていた商品は、タイガーで発売していた『サハラ マグ ステンレスボトル 軽量 グラファイト MMZ-A501AA』です。この商品は見た目もスッキリしていて、本体の重量がなんと191gという表示通りとっても軽く感じたのです。

その上保温・保冷が高くてしっかりキープできるように記載されていました。しかも口径が4㎝あるそうで氷も入れやすく「本体丸洗いOK」ですから、毎日のお手入れもしやすくして清潔に保てます。

タイガーのこの商品に比べて私が最終的に購入した象印の『ステンレスマグ SM-KB-48AW』は、保温・保冷力も同じようにしっかり温度をキープしてくれますが、本体重量254gと若干重いようでした。

そこで勤務中に使用している時の使い勝手の良さを想像してみました。するとタイガーのサハラはキャップを外して飲みますが、象印のステンレスマグの方は片手でキャップを開けて飲めるので、ちょい飲みしやすいことに気付いたことで、象印のステンレスマグの購入を決めました。

象印 ステンレスマグ SM-KB-48の特徴、性能

サイズ:幅6.5×奥行7×高さ23cm
本体重量:0.25Kg
材質:ステンレス、PP、シリコンゴム
生産国:タイ
保温効力(6時間/1時間):68℃以上/86℃以上
保冷効力(6時間):9℃以下

『象印/ステンレスマグ SM-KB-48AW』で特に気に入っているところは、勤務中に立ったままで片手でサッと蓋を開けてパッとちょい飲みして、またすぐに仕事に戻れることです。

本来ならば椅子に座ってゆっくり飲んでひとときの安らぎを得られるはずですが、忙しい職場なので昼休憩以外はほとんど立ちっぱなしで仕事をしています。

そのため、サッと片手で飲めるとほんとにありがたいです。しかも片手でロックの開閉ができるので、ほんとに重宝しています。

毎日のお手入れに関してはステンレスマグの内面がフッ素加工されていますので、汚れが落ちやすくてとっても楽できます。

この商品は、飲み口部分の中せんが取り外せるおかげで、毎日清潔な状態で使用できることも気に入
っています。

象印 ステンレスマグ SM-KB-48のメリット

『象印/ステンレスマグ SM-KB-48AW』を使い始めて既に3年経過していますが、今でも朝入れた氷のおかげで1日持ち歩いてもしっかり冷えていて、夕方まで氷が解けきらずに残っていることもある程、保冷力に優れていることです。

しかも外側に結露が付くこともなくて、冷えたペットボトルのように専用の袋に入れなくても、カバンの中が濡れて困ることもありません。

驚くことに横に傾いてしまったとしてもこぼれることもありませんでしたから、安心して今も持ち歩いています。しかも、片手で持って簡単に蓋の開閉ができてサッと飲めますから、置き場所も選ばないので買ってよかったと思っています。

寒い日に熱いお湯を入れて持ち歩いたら、保温力が優れているため冷めにくくてすぐに飲めなかったことがあり、それ以来寒い日には白湯を入れて持ち歩いています。

さらに毎日勤務中に使っていますから、お手入れが簡単にできて清潔に保てることも良い点です。お手入れは、せん一式の分解はしやすく本体は丸洗いできて、匂いも残らないのでとても扱いやすいです。

象印 ステンレスマグ SM-KB-48のデメリット

ステンレスマグを1日使用したら必ず洗いますが、1週間に1.2度は飲み口付近を分解して洗うと清潔に保てます。

ただし、分解し外して洗い乾いてから””パチン””と音がするようにしっかりとせん一式を組み立てておかないと、実際に飲もうとした時に中に入れた飲み物がこぼれてしまうことがありました。

私の場合は、せん一式のパーツを取り付けたつもりでしたが、せんカバーという輪ゴムに似ているたった1個のパーツを紛失していたことが原因で、液漏れが起こってしまいました。

最初はしっかりと蓋が閉まっていないだけなのかと思って締め直しても液漏れは直りません。そこで、象印のサポートセンターに電話で問い合わせたところ、パーツが紛失していたことが判明し、そのパーツが無いことが液漏れの原因だとやっとわかりました。

以前使っていたマイボトルでは、本体を洗ったあとで飲もうとしてこぼれたことはなかったので、驚きました。

紛失していたパーツは消耗品ですが、家電量販店では販売されていないそうで、お店で取り寄せてもらうこともできました。

ところがパーツ自体はとっても安いのに手数料が高く、日数もかかってしまうと象印のサポートセンターで教えて頂きました。

私は毎日使っていましたから、1日でも早く取り寄せて直したいため、直接サポートセンターに注文してすぐに使えるようになりました。細かいパーツはメーカーから取り寄せないと直らないことがデメリットかなと思いました。

象印 ステンレスマグ SM-KB-48の総合評価

『象印/ステンレスマグ SM-KB-48AW』の価格は、他の商品よりも割高なので購入する際に迷ってしまいます。

しかしながら、とても耐久性があるようで3年経過した現在でも特に劣化している箇所が見られず、長く使うことができてお得感があります。

魔法瓶の特性を生かした商品ですから、しっかり保温・保冷がされており、飲み頃の状態をキープしていて、いつでも美味しくちょい飲みができます。

この商品を持ち歩いていて、もし横に倒れてしまったとしてもこぼれてしまう心配もありませんから、安心して使用できます。さらにシンプルなデザインなのでお手入れも簡単にできますので、毎日清潔な状態を保って使用できます。

象印 ステンレスマグ SM-KB-48の口コミ・評判は?

象印 ステンレスマグ SM-KB-48のネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 長い期間愛用しています。まったく劣化してません。
  • サーモスと比べて頑丈で、保温性が高い。
  • 携帯性、保温性、使いやすさ、洗いやすさとどれをとっても良い。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 掃除がめんどくさい。
  • コーヒー専用にしてるので汚れがつく
  • キャップ部分が少し熱くなりやすい。

Twitterの評判

象印 ステンレスマグ SM-KB-48の購入を考えている人へアドバイス

この商品を使ってみてわかったことですが、飲み口の穴が小さいため保冷に家の冷凍庫の製氷皿で作った氷を入れていたときに、喉が乾いて一気に飲もうとすると氷が邪魔になりうまく飲めないことがあります。

私のように立ったままちょい飲みしたり、片手でスマートに飲みたい方には向いているかと思います。この飲み口から氷が出てしまうことはありませんが、穴に詰まってしまうようで一気にたくさん飲みたい方にはこのタイプは物足りないかもしれません。

そこでこのように1度にたくさん飲みたい方には、ワンタッチオープンタイプではなく直飲みできる蓋を回しはずすタイプがおすすめです。

ただ、どちらのタイプを選んだとしてもお手入れが簡単にできて、毎日ペットボトルを購入する金額を節約することができますから、お得な買い物だと思います。

  • みーかんさん』(50歳/女性)のその他のレビューはこちら
みーかん | LIBLOOM | LIBLOOM
「みーかん」の記事一覧です。

水筒の各種ランキング記事はこちら

▼軽い水筒のおすすめランキング10選!500ml以下で持ち運び重視

軽いマイボトル!小さめで漏れない水筒のおすすめ10選★200-500ml
最近は、水筒を持ち歩く方が増えていますよね。皆さんは水筒を活用していますか? 水筒は、飲み物代を節約できるだけでなく、自分の好きな飲み物を持ち歩けるので便利ですよね!また、紙コップやプラスチックカップなどのゴミも出ないので環境にも優し...

▼1リットル水筒のおすすめランキング【タイプ別】2WAY/コップ付き

1リットルの水筒!おすすめランキング!2WAY・軽い・コップ付
水筒というと夏場に大活躍のイメージですが、秋の行楽や運動会など、実は夏が終わっても水筒を使う機会はたくさんあります。 容量1Lの水筒だと大きすぎるのでは?と思う方もいるかもしれませんが、意外とそんなこともなく、元々使っていた水筒の容量...
水筒
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM