ドリテック ヨーグルトメーカーを半年使った総括!注意点も

ヨーグルトメーカー

ドリテック ヨーグルトメーカー YM-100WTを半年ほど使ってみた『本郷幸司さん』(57歳/男性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ドリテック(dretec) ヨーグルトメーカー YM-100WTを購入しようと思ったきっかけは?

健康にとって腸の健康ひいては腸内細菌の状態を腸内フローラが綺麗にいることが良いと言われて、ヨーグルトを毎日食べてはいるのだけど、自分で作ると不経済的ではないかということで、興味もあってヨーグルトメーカーを探してみました。

すでにヨーグルトメーカーの有名ブランドのものを一万円くらいするものですが(購入はしていますが、)今回は牛乳パックをそのままドンと置いて作れることが手軽なのではないかという事と、実際容器を使う事もできるのですが、容器の減菌やヨーグルトを作った後の洗いやそれ専用のスポンジなどの管理も面倒なので牛乳パックで済めば容器の洗浄や後かたずけも楽なのではないかと購入してみました。

【コストパフォーマンス】数千円という安価な事もありますので大変良いと思います。

ドリテック ヨーグルトメーカー YM-100WTをどのようにして知りましたか?

この手の商品ってあまり宣伝されていないのと、知り合いの人とも普段の会話にも上ってこないような話なのでヨーグルトメーカーがある事さえ知りませんでした.以前巷で多少話題になった頃の話ではコタツに入れておくとか、なんとも不衛生なイメージしかなく、雑菌を食べてるんじゃないかとか、思っていました。

【動機は口コミ】ヨーグルトメーカー に興味を持ったのは知り合いの口コミから始まりました。実際のところヨーグルトも菌なので同じ環境で雑菌だって増えるのでしょう、ヨーグルトメーカーの説明には熱湯で器具を洗浄するように指示があります。私は気が短いので、電子レンジでチンをします。この辺のことは赤ちゃんのミルクを準備された経験のあるお母様方がお詳しいと思います。ミルクも腐敗はすごく早いですよね。ですので減菌されたミルクと種菌と滅菌された容器で作ることが必須です。

【ネット検索のネット購入】商品についてネットで調べて購入しました。つかったKWは(ヨーグルトメーカー )先に購入済みの有名メーカのものは種菌を販売されているオーストラリアの社長さんから強く推奨されたものを購入したのですが、今回は楽に(といっても有名メーカのものが大変なわけではありません)牛乳パックで滅菌の作業や容器の洗浄の手間を省いた牛乳パックそんままドン体験のためだと思ってください。

ヨーグルトメーカーを買う際に重要視したポイントとは?

【メーカについて】今回は、メーカーにこだわりませんでした。というのも有名メーカのものはキチンとした容器で容器自体もこだわりを持ちたい人にはプラスチック製の容器の他にもガラス製のものもオプションで出されていたり結構こだわりがあるのでしょう。

私のような牛乳パックでそのまま手間をかけたくないみたいな人間にとって最善で最良なヨーグルト作りとは離れたアイデアの人間にブランドメーカーは許してくれていません。ないのです。

そんなモデル。ということで、ブランドにこだわれないのなら、一番安いものでどのくらいやれるのかも検証したく購入したので、つまり、一番のこだわりは、手軽に容器の使用前後の滅菌やメンテナンスなどの手間のないことと手軽さを筆頭に選んでいます。機能:牛乳パックで出来る事 そして、コスパの良さ:なんせ試しにやってみようのノリなので値段にこだわりました。

購入に迷ったヨーグルトメーカーは?

日本全国のこだわり自家製ヨーグルトファンの方々がどれだけいらしゃるのかはわかりませんが、ヨーグルトメーカーを売られているメーカどんだけあるのかというらいあります。

【商品的にOEMやコピー製品が多い】実際同じ形でメーカーが違うものがあったりして迷いますが、今回は一番安いのを選びました。製造元が同じで販売会社が違う場合ならどれも同じなのでどれを買っても心配ないのですから良いのでしょうが、良いブランドの売れてる製品のコピーなんて場合は心配ですが、大抵の人はどこが良くて悪いか判断しかねると思います。

するとネットのコメントから判断になりますが、コメントもよくコメントする人がどんな人かわからないとサクラも多いので注意が必要です。この分野に詳しい人があまりいないのでキチンとしたレビューをされているサイトでの評価を活用するしかありません。

また日本の業界では有名らしいですがブランドと言っても知っている人はいないと思いますがそこでは牛乳パックで作るヨーグルトメーカー は無いようでしたので。

実際にヨーグルトメーカー の多さには驚きました。ヨーグルトの地下組織の動きに気がつかずに今まで生きていたことにようやく気がつかされました。菌種を販売しているオーストラリア人社長さんはこのところアメリカでのヨーグルト人気それも、ホームグローン自家製にこだわる家庭が増えているとか。というのでアメリカでは牛乳パックでドンが多いのだそう。

しかし、オーストラリアの社長曰く、日本のあのブランドを買えというので一万円を出してかってはいます。でも、手軽さを求めてあえて一番安く手軽に滅菌や除菌などを容器に施すことなく、牛乳パックそのままにドンを求めて 機能:牛乳パックで作れる 事と、コスパの良さ:投げ捨てても悔やまない値段を優先しました。

しかしながら、家で手軽に作れる点で自分の選択は間違えありませんでした。ヨーグルトが牛乳パックでできてしますので、できたヨーグルトをヨーグルトメーカー から取り出した後、洗浄かたずけが全くいらない(電源コードを抜いてコードを束ねるだけで)済んでしまいます。

ドリテック ヨーグルトメーカー YM-100WTの特徴、性能

ヨーグルトや甘酒、塩麹などを自宅で手軽に作れます
・牛乳パックでも作れます(1L/500mL)
・8時間でヨーグルトが約10倍の量に!とってもお得
・ギリシャヨーグルトが作れる水切りカップ付き
・話題の甘酒づくりや塩麹など多彩な発酵食品に
・ローストビーフなどの低温調理にも
・コンパクトでキッチンにも置きやすい
・温度と時間の調整が簡単にできます

サイズ:幅148×奥行き148×高さ270mm
重量:約745g
電源:AC100V 50/60Hz
消費電力:25W
電源コード長さ:約1.2m
設定温度範囲:25〜70℃
設定時間範囲:1〜48時間
専用カップ容量:約1.2L
付属品:専用カップ、水切り 各1個

このヨーグルトメーカーの特徴は牛乳パックに種菌を入れて撹拌したのちにそのままヨーグルトメーカにセットする事で簡単にヨーグルトが牛乳パックのままでできてしまう事です。もちろん牛乳パックを使わずプラスチックの容器に牛乳を移して作ることもできますし、容器は2重になっていて、メッシュの水切り容器を利用することでヨーグルトの上澄みの水分の部分(ホエイといわれる部分)を隔離することもでします。

そうすることで濃厚な最近流行りのギリシャヨーグルトができるという事もあり楽しみです。このヨーグルトメーカーの外観ですが、値段の割に安ぽくないデザインです。なんとなく優雅なデザインで色も質感も上品です。温度管理や時間設定の部分も銀の縁取りも良い感じですし、何かの際に水滴が垂れてもスイッチの部分に影響しないデザイン的役割かもしれませんね。

もちろんスイッチの部分はキッチン家電や洗濯機のスイッチのように防滴仕様になっていますので安心です。また、直接キッチンに置いてあると何処と無く、素敵なキッチンに見えるようです。縦長のスッとした姿で以外と場所もとりませんので普段使わない時でも邪魔にならないと思います。

ドリテック ヨーグルトメーカー YM-100WTの動画説明

ドリテック ヨーグルトメーカー YM-100WTのメリット

実際、牛乳パックで手軽にヨーグルトを作りたいという部分がメリットだと思います。

また、今巷でも、健康を意識した甘酒が作れるのも嬉しい機能ですし、付属の作成容器は水切りがついていて、ヨーグルト作成の際に上澄みができますが(ホエイ)それを隔離して水分の少ないギリシャヨーグルトの作成も手間なく作れます。

ホエイの部分は料理に使ったり、そのまま飲めるので飲まれると健康に良いそうです。水切りがないと結構手間な作業となりますから、便利です。はじめ温度や時間などは手探りの部分がどのヨーグルトメーカーでも特徴や違いがあるので自分の使用する種菌との頃合いをはじめの数回は手探りになると思います。

はじめは手探りで作成しますが、失敗するようなことはないので、つまりできていなければ温度を上げたり時間を長くしてみれば結果できてしまいます。

失敗する時は滅菌ができていない場合に腐ってしまうことくらいでしょう。数回作ると加減がわかるようになります。今回のこのヨーグルトメーカー良いところは滅菌の手間や心配をせずに牛乳工場で容器と共に滅菌されている牛乳パックをそのまま使えるという点です。

容器を使う場合は熱湯をかけたり私は洗浄のために他の食器洗いと別に専用のスポンジを用意しています。スポンジも使用後に電子レンジでチンをします。滅菌のためです。牛乳パックですとそのまま捨てる事もできるので、滅菌や再利用の手間がないのはこのヨーグルトメーカーの良いところでしょう。

ドリテック ヨーグルトメーカー YM-100WTのデメリット

牛乳パックで楽々かと思ったのですが、それなに苦労もあります。牛乳パックを開ける際に気をつけなければなりません。

開けてから混ぜるのがそのようにできていないので種菌を入れて混ぜる際に押さえつけると紙パックなので気をつけねばなりません。と言ってもそのくらいのデミリットです。

いっそ、今まで通り容器に開けて混ぜた方が楽だという方もいるかもしれませんね。ただその場合は使う前後の滅菌作業があります。

また、容器が紙パックなので熱伝導が多少悪いのか縦長なので上と下での温度差がどうなのかと思いましたが、それはただの気苦労でした。時間がいつも支え慣れていた大手有名メーカに比べると不安があったり、時間がかかったりと心配しましたが、慣れてしまうと値段以上にキチンとできているという事でした。

ドリテック ヨーグルトメーカー YM-100WTの総合評価

お安いものを買ってしまった不安はお金で買えなかったものでした。結論から言ってこのヨーグルトメーカーがありなのかどうななのかで言えば「あり」です。

数千円で見事にできています。このレポートもできたヨーグルトを食べながら書いています。買ってきたヨーグルトとひけはっりませんしお安いヨーグルトには勝ったと思える程です。税込み120円のものには勝っています。

また、実は作りながらこのヨーグルトメーカーをじっと見ていましたが、丸みを帯びたデザインや上の透明なドーム型のフタ、本体の透き通るような肌?いや質感が好みなのでした。

本体のボタンなどのコントローラー部分の楕円の縁取りなどどう見ても高級感があります。ツルツルとしたその丸みの帯びたデザインはキッチンにあってその優雅さに魅了されそうでした。

某有名メーカーにないものがこれですね。優雅では無い。悪く言えばラボの実験機や昔の炊飯器です。(いや昔の炊飯器は今となっては凛とした美があります。キッコウマンの昔のテープルあった瓶も芸術的ですが)デザインがないブランド品と比べれば美しいと思えるデザインです。

今日本になくなってきているものはこれかなぁと夢見心地でいたら なんと8時間後にチェックするとほぼ牛乳のままの状態で唖然としました。40度で8時間有名メーカさんの場合はこれでバッチリプリンのようにできてしまいます。

もしかしたら紙パックの伝導率が悪くて温度が低いからと思い5度あげて45度にして設定時間は8時間(長くしておいてちょくちょく監視するつもり)にして再チャレンジ2時間後には完成しました。

ドリテック ヨーグルトメーカー YM-100WTの口コミ・評判は?

ドリテック ヨーグルトメーカー YM-100WTのネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 甘酒を作ってみましたが、簡単にできました。毎日飲んでますがコスパいいですね。
  • ヨーグルトだけでなく発酵系の食品がいろいろ作れて便利です。
  • カスピ海ヨーグルトが好きで、お金が結構かかるので、こちらに切り替えました。とてもリーズナブルです。鶏ハムなどもできますので、アイディア次第で広がります。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 作り方にコツがあって、調整が若干必要です。
  • 思い通りにできてない時とか、時間の方がもったいない。
  • 蓋が開けづらい。

SNSの反響は?

インスタでもドリテック ヨーグルトメーカー YM-100WTは話題になっているようです。

この投稿をInstagramで見る

mhkさん(@haru.mami)がシェアした投稿

見た目のシンプルさと温度設定など機能性とお値段も手頃なのでこの子に決定。

この投稿をInstagramで見る

mhkさん(@haru.mami)がシェアした投稿

酸味少な目で美味しい。プレーンだけどほのかに甘い。

ドリテック ヨーグルトメーカー YM-100WTの購入を考えている人へアドバイス

有名ブランドのはすごいです。多分温度管理が徹底されているんでしょう毎日ご飯がキチンと炊けているのか心配している人はいないでしょう。この当たり前を実現できる技術力はすごいんですね。

日本にいると全てがこの素晴らしい当たり前に中で暮らす事ができている幸せに気づかないんですね。毎日一種の奇跡の中で生きてゆこうと思われる方は絶対日本製を選ばれると良いと思います。

今回のこの商品はある程度自分で温度管理をしたり、時間を延長してみたりしながら上手く付き合って行く必要がある感じです。

また、いつまで正常に動き続けてくれるのかの心配はあります。とりあえず数千円で買えるので壊れていいと思っての購入になるかもしれまんが、自分的にはそんな事あっては困るなぁと思いながら使っていくことになるのでしょう。

どこかに書きましたが、数千円で買えなかったものは安心でした。甘酒も挑戦してみようかなぁ。

  • 本郷幸司さん』(57歳/男性)のその他のレビューはこちら
本郷幸司 | LIBLOOM | LIBLOOM
「本郷幸司」の記事一覧です。
ヨーグルトメーカー
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM