【レビュー】バーミキュラ フライパン 26cmは焦げる!手入れは?

フライパン

バーミキュラ フライパン 26cmを半年ほど使ってみた『たろうさん』(30歳/男性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。

バーミキュラ フライパン 26cm

この記事は以下のような内容を知ることができます。

  • 26cmは誰にでも扱いやすい十分なサイズ!
  • 他のフライパンで調理する料理よりも格段にうまくなる!
  • 女性だと重い!
  • 使うのにコツがいる!

実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

バーミキュラ(Vermicular) フライパン 26cmを購入しようと思ったきっかけは?

【買い替える理由】

前まで使用していたフライパン(remyパン、白、 平野レミさん監修)の底面加工が剥げてきて、料理の際に焦げ付くことが多くなってきました。まだ購入して1年半くらいだったのに。。。

また、1人から2人暮らしになるにあたり、フライパン自体のサイズが小さく、2人分の料理が難しくなりました。例えばチャーハンを作る際には、コメは引っ付くわフライパンは振れないわで、かなりストレスでした。

【なぜバーミキュラを選んだか】

ちょうど購入時期が新しくバーミキュラからフライパンが作られることをネットで知った頃で、興味が沸きました。

長く愛用したかったので、素材や表面加工が心配でしたが、プロ仕様にも対応できる素材を生かしたコーティングと聞いて安心しました。もちろん、デザイン面もかっこいいので選ぶポイントの1つでした。

バーミキュラ フライパンをどのようにして知りましたか?

奥さんがインテイリアが好きで、そのようなSNSのアカウントやサイトをよく見ていた時に、まとめサイトやインスタグラムでバーミキュラのフライパンの情報を見かけました。

バーミキュラはもともと炊飯鍋で有名で、「これは期待できそう!」「おしゃれでかっこいい」と直感しました。

フライパンを買う際に重要視したポイントとは?

私がフライパンを購入しようと思ったときに重要視したのは以下の3つです。

1.機能

前回のフライパンが使用後約1年半で使えなくなったので、「長く愛用できるものがいい」と思いました。

よくあるテフロン加工も使いやすいですが、経年劣化が早い気がしたので違うタイプのものが良いと考えていました。

このフライパンはホーロー加工で熱伝導がかなり良いとあったことと、プロの方もおすすめする口コミがあったので期待できました。

2.デザイン

長く愛用するものなので、料理する際に少しでもテンションが上がるものを周りに置きたいと思いました。

見た目はシンプルですが、かなりお気に入りのデザインでした。底が深いタイプのものとかなり迷いましたが、最終的には幅が大きい方を選びました。

3.ブランド・信頼

バーミキュラはライスポットでかなり評判がよく、口コミをみても良いものばかりなので、かなり信頼していました。実際にバーミキュラ製のアイテムを持っていなかったので、所有欲もあったと思います。

購入に迷ったフライパンは?

他社のものとは迷いませんでした。

ただ、同じバーミキュラ製の深めサイズ24cmのタイプとかなり迷いました!

バーミキュラ フライパン 24cm

迷ったものは同社のバーミキュラ サイズ24cm【深型】です。

比較検討した項目は2点でした。デザインと利用用途です。正直、デザインに関していうと「どっちでもいいな」という感想でした。どっちもお洒落だし、キッチンに並べてあってもテンション上がるのは間違いないと感じました。

そのうえで、最終は利用用途をイメージしました。私自身、服を購入する際によくやるのですが、そのアイテムと組み合わせるパターンとかコーディネートをイメージして、合うかどうかをかなり考えます。

それと同じようにこのフライパンでも考えました。「深底だと汁ものもできで便利だけど、鍋でいけるよな」とか「26cmの方が量のあるものもいけるな」などとにかく、日ごろの料理のシーンをイメージしました。

バーミキュラ フライパンの特徴、性能

商品名 バーミュキュラ vermicular フライパン 24cm ウォルナット材
商品詳細 対応熱源:ガス・IH・ハロゲン・ラジエント・シーズ
サイズ:直径26cm/深さ4cm/重量約1.1kg
付属品:レシピブック

・ホーローコーティングで熱伝導が鉄の2倍近く良い

・誰でも扱いやすく、軽量化されている

・デザインがシンプルで無駄がない。持ち手のところがウォールナットでおしゃれ。

・持ち手の先がフックになっているので、キッチンに吊り下げられる。

・男の私が雑に扱っても丈夫

・一生使えるようにバーミキュラのリペアサービス付き

・フライパンでできるレシピ本付き【000.jpeg/001.jepg】

・直火・IH・ハロゲンヒーター対応

★特にホーローコーティング技術が素晴らしく、熱伝導の良さを本当に実感します。熱をフライパンに素早く全体的に行き届かすことはもちろん、食材からでる水なども一瞬で蒸発するので、ベチャっとせず、素材を傷めない造りになっています。

簡単な動画レビューを収録しました

バーミキュラ フライパンのメリット

実際に購入して半年以上が経過しました。

まず、丈夫で誰にでも扱いやすく、26cmとフライパンとしては十分なサイズなので、日々の料理でシーンでも困ったことはほとんどありません。

以前のフライパンではサイズも小さく、作られる量も限られていましたが、今は2人分ぐらいなら余裕で調理可能です。

また、フライパンの素材がここまで調理に影響するとは驚きました。以前までのフライパンでも自分の料理したものはそれなりの味と思って食べてました。笑

でも、実際にこのバーミキュラのフライパン(ホーロー加工)で調理すると””味が変わります””!

これは熱伝導の良さだと思いますが、炒めものでそれを特に感じます。

野菜炒めは水っぽくならないし、チャーハンはパラっと仕上がるし、一番感動したのはシンプルに目玉焼きかもしれません。笑

白身とフライパンの接地面はパリッと焦げ目がついて、黄身は半熟のままという最高の状態が簡単に作れました。

正直、男なので料理は作業という印象でしたが、調理器具ひとつで、””料理は楽しいもの””と感じられたのは自分でも驚きでした。

バーミキュラ フライパンのデメリット

誰でも扱いやすいシンプルなデザインですが、小さい女性や力の弱い方などは重いと感じるかもしれません。

実際私の奥さんも日常で使用しておりますが、例えば2人前のパスタなどをフライパンからお皿に盛りつける際に持つと、少し重そうです。

また、最初の方はお肉や卵料理など焦げ付きやすい調理する際に、すぐに底面が焦げ付いてしまい、お手入れに苦労しました。

焦げをとるために金属製のへらなどはコーティングを壊すので、使用できず、フライパンにお湯を沸かして少しの重曹を入れて汚れを浮かせていました。

「ちょっとこれを毎回使用後にするのはしんどいな」と思いましたが、同封されてある使用上の基本の使い方をよく読むと、焦げ付かない手順が記載されてありました。

それを実践すると、焦げ付かなくなりましたので、安心しましたが、人によっては焦げ付きやすいと感じるかもしれません。

バーミキュラ フライパンの総合評価

総合評価としては購入して正解でした。

機能性では文句なく、熱伝導の良さで”おいしさを実感できた””ので料理の腕が上がった気がしますし、奥さんの評価も上々です。

また、デザイン面でも黒い本体にウォールナットの取っ手というシンプルな見た目ですが、キッチンに吊り下げたときにおしゃれに見えますし、インテリアとして映えます。

扱いやすさでは、男性なら問題なく振れる大きさ・重さです。ただ、小柄な女性などは持ち上げる際に力は多少なりとも要ると思います。ただこれも慣れの範疇だと思いますので、個人的には深く考えなくてもよいかと思います。

あと、私は本体と同時に専用の蓋(リッド)も購入しましたが、こちらも自立式で問題ありません。ただ、つい先日、通常に使用していたらあろうことか、根元からボキッと折れてしまいました。驚
半年くらいしか経っていないのでびっくりしました。笑

すぐにコールセンターに電話して、新品と無償交換で済みましたので安心しました。図らずもバーミキュラはちゃんと保障してくれると確認できたので、良かったかなと思います。(アフターサービス面)

バーミキュラ フライパン 26cm

バーミキュラ フライパンの口コミ・評判は?

ネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • やり方さえ間違わなければ焦げ付かない!それでいて、オムレツなどは綺麗に焼ける!
  • 蒸発速度が速く、蓄熱性が高いので水分を閉じ込めて美味しくできる!
  • 単なるモヤシ炒めがかなり美味い!

悪い感想や要望などの口コミ

  • 焦げ付いてくっつく。
  • 扱いに慣れが必要!
  • 重い。

SNSの声

Twitterの評判

バーミキュラ フライパンの購入を考えている人へアドバイス

今、フライパンを買い替えようと思っている方にはおすすめできると思います。個人的には”主婦””の方にはすごく合っている気がします。

機能面からみても、調理時間は多少なりとも時短になりますし、デザインもおしゃれでどんなインテイリアにも合うと思います。

日々の大変な料理もちょっと””わくわくできる瞬間””になるのかなと個人的には感じています。だって、料理初心者だった自分が「これはすごい!」と思ったくらいなので。。。

また、料理好きの方にもおすすめです。

反対に合わない人は1人暮らしの方でしょうか。1人暮らしには少しオーバースペックですし、サイズも大きいので市販のフライパンで十分かと思います。

また、蓋も合わせると2万円近くするので、コストに対してシビアに考えている人には向きません。

私自身は高額の商品を購入する際には、日割りコストで考えるので、これは良い買い物ととらえますが、3千円くらいの物を買い替えて、使っていくという考えの人には向かないと思います。

フライパン
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM