【レビュー】LHY 置時計型カメラ|WiFi接続!アプリで遠隔監視可能!暗視撮影も

カメラ

どうも。当サイト(libloom)スタッフの『ヒデ』です。

今回ご紹介するのはLHYというメーカーさんに提供してもらった置時計型カメラですね。いわゆる隠しカメラの部類です。

LHY 置時計型カメラ

隠しカメラというと、犯罪チックなニオイがしますが、この商品は子供の見守りや、防犯といった用途に活躍するカメラになりますね。

正直、ここまで多機能だとは思っていなかったので、あるとかなり便利だなと思ってしまいましたよ。

この記事は以下のような内容を知ることができます。

  • かなり高画質!クリアに映る!
  • サクサク動く!動作が軽快!
  • アプリで簡単に制御できる!
  • 1人しかカメラと同期できない!
  • 電源は入れっぱなしでないと、日常使いは難しい!

隠しカメラに興味ある人は参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

LHY 置時計型カメラの特徴、性能

LHY 置時計型カメラですが、どういったことができるのか、以下にまとめてみました。

WiFi接続でリアルタイムに監視可能

LHY 置時計型カメラは基本的にスマホのアプリで操作します。

↑アプリで一通りの操作を録画しています。上半分が実際に時計のカメラで撮影している僕の姿。下半分が、写真、録画、再生、クラウドストレージ、アラーム、time format、Photo albumが操作できます。

アプリをダウンロードして、登録した後に、Wi-Fiと同期させると同時に自動でQRコードが発行され、それを置時計型カメラで読み込めば使用可能になります。

↑このQRコードを時計のカメラで読み込む

ただし、Wi-Fiは2.4Ghzのみ対応で、5GhzのWi-Fiは使用不可です。

あとは、監視したい場所に時計を置き、アプリでリアルタイムに監視ができます。多少のタイムラグはありますが、操作性や遅延でのイライラはなく快適です。

↑時計のカメラで撮影した自分です。

外出先でももちろん確認可能なので、非常に便利です。

1080p高画質隠しカメラ

驚いたのは画質の良さですね。かなりクリアに映ります。監視しながら動画も画像も撮影可能ですし、かなり使えます。

高感度モーション検知

防犯で使用するのであれば、誰もいない部屋に置いておけば、人の動きによって録画がスタートします。使い方によりますが、浮気調査など簡単にできそうです。

SDカードで連続録画可能

特にSDカードがなくてもスマホ本体に録画可能ですが、容量的に限度がありますので、長時間録画したい場合はSDカードで保存もできます。8~128GBまで対応しています。

また、クラウド上にも保存ができるようです。これは有料になるので、必要であれば可能ですね。

赤外線機能

夜間の撮影も可能です。白黒になりますが、クリアに撮影できます。

大容量バッテリーを搭載

大容量のバッテリーとは書いてありますが、フル充電での使用は3~4時間程度なので、実際に使うとなると、あまり実用的ではないです。

常時使用する場合には電源を繋ぎっぱなしにする必要があります。

LHY 置時計型カメラの開封

ケースはこんな感じです。

付属品はこちら。

本体、USBカーブル、蓋取り外しの棒、説明書、カードリーダー。

本体の品質は良さげです。表面は鏡面的な仕上げなので、指紋はつきまくります。

こちらの蓋を外すと、ONOFFの切り替えボタン、SDカードが挿入口があります。

説明書はこちら。

スマホと置時計型カメラの同期は比較的簡単でした。

アプリをDLして、アカウント登録。あとは、「防犯カメラ(WI-FI)」を選択して、Wi-Fi認証後に、QRコードを置時計型カメラに読み込まされば完了です。

すぐに使えるようになります。

開封動画と簡単レビュー

開封動画と簡単な説明をしております。

LHY 置時計型カメラのレビュー

さっそく使ってみましたが、これは凄い。

自宅のリビングに置いておけば、簡単に家の様子を伺うことができます。

↑リビングの全体を見渡せるところに置く。

↑リビングの様子がリアルタイムで見れる。

画質もかなりクリアで鮮明です。遅延は0.5秒ほどあるかなぐらいですが、動作状況にストレスはないです。

アプリで簡単に写真も撮れるし、必要であれば、動画も撮れます。

我が家の使い方だと、留守中の子どもの様子を伺ったりするのが主なので、いちいち録画や写真は撮りませんが、外出先でもスマホでチェックできるのはとても便利です。

必要に応じて、夜間の撮影や、人の動きを察知して自動撮影もするので、幅広く応用はききそうですね。

これだけの機能がついていて、6880円なので、かなりコスパは良いです。使い方次第ではとんでもないことになりそう。汗

逆に、デメリット面としては、LHY 置時計型カメラに同期できるスマホは1台のみなので、夫婦で子供の様子を伺ったりする場合はできないのが残念な点です。

また、子供の留守をチェックするだけのものなので、そのまま時計越しに通話ができると、もっと幅が広がったかなと思います。

あとは、やはり実用的に使うなら、電源は入れっぱなしでないと不便なので、コンセントのあるところでないと使い勝手は悪いかなと思います。

LHY 置時計型カメラの総合評価

こういった置時計型カメラを密かに欲しい人はいるだろうなと思います。

通常の子どもの留守やペットの様子を伺ったりするような場合は、いちいち隠しカメラにする必要性はないので、時計に見せかけつつ、それがカメラになっているというところにかなりの使い方の広がりを感じますね。

もはや悪用しようと思ったら結構なことができるので、近しい人で何かしらの証拠をつかみたい人には最適なのかもしれません。

LHY 置時計型カメラの口コミ・評判は?

ネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • 期待以上の高画質。外出中のペットの様子がクリアです。
  • アプリ操作で簡単。
  • 配達の置き配に効果を発揮!安心できる

悪い感想や要望などの口コミ

  •  5GhzのWi-Fiが対応してない。

LHY 置時計型カメラの購入を考えている人へアドバイス

使い方は多岐に渡ります。想像以上に画質が良いこと、操作がとても軽快で楽です。アプリを立ち上げたらすぐに設置してある部屋の状況がリアルにわかります。

ペットの様子だったり、子供の留守や留守の置き配などなど、使ってみるとあれこれとやれることが浮かんできて結構楽しくなると思います。

ただ、使い方によっては犯罪のニオイもしますので、そこは良識のある使い方をしてくださいね。

この価格帯ではコスパかなり良しです!

  • ヒデ』(44歳/男性)のその他のレビューはこちら
ヒデ | LIBLOOM | LIBLOOM
「ヒデ」の記事一覧です。
カメラ
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM