ティファール ジャスティン KO340178の口コミ!違いや電気代、ニオイの対処

電気ケトル

ティファール ジャスティン プラス KO340178を3年ほど使ってみた『seraさん』(30歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。

実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

電気ケトル ティファール ジャスティン プラス 1.2L KO340178を購入しようと思ったきっかけ

3年前、一人暮らしを始めた時、最初はタイガーマイコン電動ポット PDL-G200/w を使用していました。そこからカップ麺に使ったり、お茶を飲むのに使ったり。

でも、そんなにお湯を使う機会も無いことに何週間かしたら気づき始めました。

けど、使う時はすぐお湯を使いたいのでずっとコンセントを入れていて、電気代も馬鹿にならなくて。

しょうがなく、電動ポットはやめて、使う時だけ今度は小さいアルミ鍋でお湯を沸かすことにしました。

これはこれですごく手間。そしてなにより、鍋からお湯が注ぎにくい!マグカップなんてとくに!そのうえ、お湯の量をはかってから沸かさないといけなくてめんどくさいことこの上なくて、、。

疲れてると火を止めるのも忘れたり、これは危ないなと感じて、 「そっか!今の時代ティファール様があるじゃん!なんで気づかなかったんだろう!」と思い、購入する事になりました。

CMでした。フレーズがとっても印象的で、買おうと思い付いた時も、あっという間にすぐに湧くって言ってるじゃん!と思いました。(笑)

子供がお湯を沸かしてるシーンが印象的で、安全だしきっと簡単に操作出来るんだろうなと感じていたので、結構すぐ購入しようと思いました。

ティファール ジャスティン プラス KO340178を買う際に重要視したポイントとは?

1番は、本当にすぐに湧くのか、と言う疑問でした。1度も使ったことがなかったので、ちょっとの時間で沸くのか不安で。

あとは、洗えるのかなとか、変な味しないのかな、とか、長く使えるのかな。と思いました。

でも調べてみると、本当にすぐに沸くみたいだし、お手入れも簡単みたいだし、変な味もしないようだし、10年使ってると言ってる人もいたので、なら大丈夫かなと!

購入に迷った電気ケトルは?

購入に迷った電気ケトルは以下の商品です。

電気ケトル 1.0L KTK-300

コンパクトケトルKTL300 は、圧倒的に価格が安くてデザインも似てるしすごく悩みました。

カップ麺やお茶くらいにしか使わないし、安いのでいいのではないかと思って悩みました。

お湯が沸けばいいんだと。でも、果たして早く沸くのか、すぐ壊れてしまわないかと不安で、とっても悩みました。

なので色んな友達に相談ひたところ、

  • 安いケトルを購入したら、結構すぐに不具合が出たし、早く沸かなかったよ。
  • ティファール4年目だけど余裕だよ、最初の頃とお湯沸くスピード変わらない。
  • ティファール結構つかってるんだけどね、壊れないし、やっぱ凄いわ。

と数々の言葉をもらったので、やっぱり最初の出費は少し多くても、ながく、しかも性能もよく使えた方がそりゃいいよなと思い、ティファールさんのケトルを購入する事にしました。

ティファール 電気ケトルのライナップの違い、及び各種電気代と沸騰時間

追加7/7

ティファールの電気ケトルには大きく分けて、3つのライナップで違いがあります。

  • 温度コントロールタイプ
  • 安心タイプ(転倒お湯漏れロック)
  • 軽量シンプルタイプ

それぞれ用途に応じた特徴があります。

特に電気ケトルを購入しようと考えた時に真っ先に懸念するのが電気代ですから、ここでは各ライナップの違い別にカップ1杯を沸かすのに必要な電気代も参考に記載しています。

温度コントロールタイプ

製品名 容量 製品重量 電気代
※1杯分(140ml)
特徴

アプレシア エージー・プラス コントロール

0.8L 982g 約0.52円
  • ホコリをふせぐカバー付。
  • ひと目で湯量を確認できる目盛りつき窓。
  • 自動電源オフ機能。

安心タイプ(転倒お湯漏れロック)

製品名 容量 製品重量 電気代
沸騰時間
※1杯分(140ml)
特徴

ノヴェア

0.5L 977g 約0.51円

約54秒

  • 自動電源オフ機能。
  • パイロットランプが点灯して、湯沸し中をお知らせ。
  • 空だき防止機能。

ラシュレ エージー・プラス ロック

0.8L 900g 約0.54円

約58秒

ジャスティン プラス ロック

1.0L 1,030g 約0.52円

約55秒

プレシア エージー・プラス ロック

0.8L 944g 約0.55円

約59秒

  • 自動電源オフ機能。
  • 空だき防止機能。

軽量シンプルタイプ

製品名 容量 製品重量 電気代
※1杯分(140ml)
特徴

ヴィテス ネオ

1L 1,020g 約0.47円
  • ホコリをふせぐカバー付。
  • ひと目で湯量を確認できる目盛りつき窓。
  • 洗浄もカンタンな取り外し可能なフィルター。
  • パイロットランプが点灯して、湯沸し中をお知らせ。
  • 自動電源オフ機能。

アプレシア プラス

0.8L 750g 約0.50円
  • 自動電源オフ機能。
  • パイロットランプが点灯して、湯沸し中をお知らせ。
  • ひと目で湯量を確認できる目盛りつき窓。
  • 空だき防止機能。

ジャスティン プラス

1.2L 970g 約0.51円
  • 自動電源オフ機能。
  • パイロットランプが点灯して、湯沸し中をお知らせ。
  • フィルター付注ぎ口でいつも清潔。
  • 空だき防止機能。
  • 水あかの付着をおさえる、ウルトラポリッシュ底面。

ジャスティン プラス ロック

1.0L 1,030g 約0.52円

約55秒

  • 自動電源オフ機能。
  • 空だき防止機能。

上記の表でわかるように、電気ケトルは電気代がかかるんじゃないか?と固定観念を持たれている方にとっては目からウロコの電気代だと思います。

すべてのラインナップで1杯分のお湯を沸かすのに電気代は1円もかかりませんので、1回1回ガスで沸かしている方がコストは大きいと言えますね。

ちなみに今回のレビューでは、軽量シンプルタイプの「ジャスティンプラス」です。

上記を参考にしつつ読み進めてください。

ティファール ジャスティン プラス KO340178の特徴、性能

  • 容量:1.2L
  • 消費電力:1250W
  • コード長:約1.3m
  • 寸法:W22.1×H20.9×D16.1cm
  • 質量:970g(電源プレート含む)

 

  • ふたは、ボタンを押すだけで開きます。
  • フィルター付きの注ぎ口で、いつも清潔。
  • ひと目で湯量を確認できる窓。
  • スイッチを押すだけのカンタン操作です。
  • パイロットランプが点灯して、湯沸かし中をお知らせします。
  • コードレスだから、どこへでも持ち運びでき、360°どの向きからでもセットできます。

T-falのCM

デザインも可愛いし、なにより持ちやすい!そして軽い。1.2?入るのも魅力的。

取っ手が少し太めなので持ちやすいです、

電源はコンセントがあるところならどこでも使えるので、持ち運びにも便利かなと思います。線も短すぎないので置くところも少し自由に置けるかとおもいます。

ケトルのセットも簡単で、結構適当に置いてしまってもちゃんとはまります。あとは、ケトルのスイッチをおすだけ。

カチッと音が鳴るのと、スイッチの光っている部分が消えて湧いた合図なのもなんだか可愛いです。ケトルの注ぐ口は広過ぎず、狭過ぎず、ちょいどいいです。お湯が湧いてもケトルの表面はそんなに熱くならないです。

両側にメモリがついているので、左利きでも右利きでも使えるところがグッドですね!

ティファール ジャスティンの電気代は?

追加7/7

前述しましたが、ティファール ジャスティンの電気代はコーヒーカップ一杯分(140ml)わずか0.51円です。

1Lを沸かすと時にかかる電気代は約2.3円程度です。

コーヒーを1日2杯とお茶を1日2杯、合計4杯程度飲んだとしても電気代は約2円程度です。

1ヶ月として60円ですから、いちいちガスやIHで沸かすよりもお得ということになります。

ティファール ジャスティン プラス KO340178のメリット

実際に使って、3年経ちました。沸くスピードは変わらないし、今のところ壊れる様子もなく4年目に突入です。

頻度的には、毎日使ってるのに、このモチは凄いと思います。

朝、時間が無い時に、コーンスープを作る時、本当にケトルの有り難さを感じます。冬は特に、温もりをありがとう。って思います(笑)

夏でも冬でも沸くスピードはほとんど変わらないのが凄い。。。もし、ケトルを購入してなかったら、アルミ鍋でいちいち湯を沸かしてたんだろうなと思うと、これを作ってくれた人に感謝しかないです。

注ぎ口があるから、お湯も簡単に注げますし。よく見ると注ぎ口に網がついてるのでゴミが入ることも無くてそこもいいです。

あとは、蓋にゴムパッキンがついているので、ちょっと強く閉めちゃっても大丈夫だし、お湯を沸かした時湯気が出てきて手を火傷することもありません。

主張しすぎないデザインなので、引っ越しても模様替えしても、結構どこにでも馴染むので、「デザインが斬新すぎて困る」って事が無くていいです。壊れないのならいつまでも使っていたいです!

ティファール ジャスティン プラス KO340178のデメリット

残念だったのは、使ってくうちに、表面の色がついてる部分、ここが少し白い部分と素材が違くて、ちょっとすると表面にゴミがついてしまいます。

拭けば取れるしいいのですが、そこが少し気になります。

あとは、お湯を沸かしてる時に、独特のにおいがちょっとします。味に問題はないけど、なんの匂いなのか気になります。

これは初回からあったので、数年使い込んだからというわけではなそう。それと、お湯を沸かしてから、ケトル自体にはそこまで保温機能はない気がします。

沸かしたらすぐ使うのがこの商品の使い方かなぁと思います。電気ポットとは違うというか。

お湯を使いたい時に沸かす感じで、ずっと湧いてるところから出すのを想像している人には、このケトル冷めるの早くない?と感じるかもしれないです。

使い込んでてわかったんですが、少し底に汚れ?がつくようになりました。

ネットで調べてみると掃除の仕方などいくつか出てくるので、それをするとなおりますが、年々汚れるスピードは上がってるかなとおもいます。

あとは、沢山のお湯を沸かす人にはむいてないかとおもいます。

ティファールの電気ケトルのニオイ取りするには?

追加7/7

電気ケトルで人気のティファールですが、本体がポリプロピレンでできているために、どうしても樹脂くさいという口コミが目につきますね。

しかし、そんなネガティブな口コミもある中で、電気ケトルとしてティファールは根強く人気商品として長年売れ続けているのも事実です。

ですが、やはりニオイは味覚にも影響しますから、使っていくうちに慣れるというよりは、最初から無臭にしたいですよね。

そんな疑問に電気ケトルメーカー各社から、嫌な樹脂臭を無くす方法が記載されています。

各社が一様におすすめする方法はクエン酸と重層を用いた対処法です。

まずはクエン酸から見てみましょう。

1. 水を満水まで入れクエン酸を約30g(大さじ約2杯)溶かし沸騰させます
2. 電源OFF後、約1時間放置します
3. 中のお湯を捨てて、水でよくすすぎます

象印のHPでも以下のように書かれています。

Q お湯がにおう
初めてお使いになるときや、長期間お使いにならなかった場合は、においがする場合があります。
このようなときは1~2回お湯を沸かして捨てるか、クエン酸洗浄をすることでにおいが軽減されます。

弊社にて「ポット内容器洗浄用クエン酸ピカポット」を販売しております。

象印がオススメしている「ポット内容器洗浄用クエン酸ピカポット」はこちらです。

そして、こちらはT-falのホームページに記載されていた重曹を用いた対処法です。

1 水を満水まで入れ、その中に重曹(15g程度)を入れて、よくかきまぜ溶かします。
2 ふたを閉めて沸騰させ、その後、ふたを開けて半日(約12時間)放置します。
3 お湯を捨て、水で充分にすすぎます。

タイガーのホームページは以下のように記載されています。

水道水に含まれる消毒用塩素の量により、カルキ臭が残ることがあります。
使いはじめのうちは、樹脂などのにおいがすることがありますが、
ご使用とともに少なくなります。

T-falにかかわらず、樹脂系のニオイはどの電気ケトルにもあるものなので、人体への影響はないと言えますが、やはり味覚にも影響してくるため、クエン酸や重曹を使った対処法で試してみることをオススメします。

ティファール 電気ケトルが茶色くなる!洗い方、掃除の仕方は?

追加7/7

長年使っていると、ティファールの電気ケトルの中が茶色っぽく汚れてきます。

キレイに使っていてもどうしても、色が付いてくるようです。

この汚れをきれいにピカピカにする方法を紹介しておきます。

100%のクエン酸(中には97%とかあるので、100%が一番良いみたいです。)を大さじ3~4杯ポットに入れて、沸騰します。沸騰して10分~15分でピカピカ状態になります。

クエン酸はレモンや酢にも入ってる成分で、食品に使う器具などの汚れを落とすのに最適と言えます。

上記のような食品成分のクエン酸も売っていますので、検討してくださいね。

ティファール ジャスティン プラス KO340178の総合評価

ティファールのケトルは購入して良かったなと感じます。お値段はそこそこですが、それだけ払う価値があります。色もデザインも種類が豊富なので自分のライフスタイルにあったものが購入出来るかと思います。

私は雑にものを使いやすいので、ケトルをセットする時も、ガチャンと強く置いてしまったりします、それでも購入当時と変わらない性能なので素晴らしいです。電気代もポットに比べるとかなり安いです。

「あ、ラーメン食べたいな」「コーンスープ飲みたいな」そんな時にイライラせず、すぐ食べられるのですから夢のようです。

この商品は何となく一人暮らし向けな感じがします。朝の忙しい時間や、夜早く寝たい時も、ケトルさえあれば食事の時間を大幅にスマートに過ごすことが出来る所がとても良いです。

友達が来た時にも、すぐに飲み物が出せるところもありがたいです。

また壊れてしまってもこの商品を購入しようと思っています。

ティファール ジャスティン プラス KO340178の口コミ・評判は?

ティファール ジャスティン プラス KO340178のネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • お湯が沸くのがとても早く、洗うのも楽です。
  • T-fal品質の安心感と、丁寧な作りで満足です。
  • 安全機能として、台座から外してもスイッチが切れる。
  • 注ぎ口が改善されて一気に出ることがなくなりました。
  • お湯を沸かしてセットすると、沸いたら自動的に止まる。
  • 開口部が広くなったので、洗うのが楽になった。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 湯沸かし時の音が気になる。
  • 最初のプラスチックのニオイが気になる。
  • 沸騰しても電気が切れない時があった。

ティファール ジャスティン プラス KO340178の購入を考えている人へアドバイス

他の商品と比べてみたことがないので、絶対とは言えませんが、かなりオススメします。

沸かしている時のにおいは少ししますが、お湯自体にはなんの影響もありませんし、そのお湯を飲んだからと言って具合が悪くなったことは遊びに来た友達も含め1度もありません。

また、しっかりしたフォルムなので、ぶつかって台などから落ちるということはまず無いかと思います。

表面もそこまで高温にならないので、子供が触ってしまって大火傷という心配もほぼほぼないかと。

商品的には、沢山ずっとお湯が湧いている訳では無いので、家族向きかはわかりませんが、ガラスではないので落としても割れないし、

とっても持ちやすく、操作も簡単で、本体も軽めなので、子供さんでも使えると思います。場所はそこそことりますが、1台あるとかなり生活が便利になるかと思います。

▼安い電気ケトルおすすめランキング10選★コスパ重視!5,000円以下で大満足

安い電気ケトルおすすめランキング10選★コスパ重視!5,000円以下で大満足
自宅でお湯を沸かす時、ガスやIHを使うことに不便を感じることはありませんか? つい火にかけていることを忘れて空焚きしてしまったり、早くお湯が使いたいのになかなか沸かなくてじれったい思いをしたり…。 手軽に楽に早くお湯を沸かすには...

▼おしゃれな電気ケトルおすすめランキング10選★センスが良くて機能もバッチリ◎

おしゃれな電気ケトルおすすめランキング10選★センスが良くて機能もバッチリ◎
自宅でお湯を沸かして、ゆっくり寛ぐティータイム。そんな時にインテリアとしてもおしゃれな電気ケトルを使ってみませんか。 電気ケトルはお湯が早く手軽に沸かせることはもちろん、インテリアとしてもセンス良くおしゃれな雰囲気を作り出してくれると...
電気ケトル
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM