デロンギ 電気ケトル アクティブ KBLA1200Jの口コミ・レビュー

電気ケトル

デロンギ 電気ケトル アクティブシリーズ KBLA1200Jを3ヶ月ほど使ってみた『ひよりさん』(33歳/女性)に実際の使用感や特徴などをインタビューしました。実際購入して良かった点、悪かった点など、伺っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

デロンギ(DeLonghi) 電気ケトル アクティブシリーズ KBLA1200Jを購入しようと思ったきっかけは?

独身時代の頃にティファールの電気ケトルファーレ ブラックシルバー 1L KO3058JPに一目惚れし購入したものを結婚後も変わらず使っていたのですが、使い始めて約10年にも及んでいたため流石に年季も入っており、この度ついに電源が入らず壊れてしまいました。

いつも変わらず朝や休憩の時間にコーヒーを飲むのが毎日の日課で、また子供達が幼稚園にお茶を持っていくためにお湯を沸かすために使っていたので修理することも考えたのですが、時間とお金もかかってしまうと業者に言われてしまいました。

そうすると、ない間はとても不便でそれならばと新しいものが欲しいと慌ててネットショッピングで検索しましたところ、こちらのデロンギのケトルが目に止まり買い直ししました。

デロンギ 電気ケトル アクティブシリーズ KBLA1200Jをどのようにして知りましたか?

以前と同じメーカーである、ティファールから調べてみたのですが、あまり好みのものがなかったです。

そんな中、調理器具で有名なデロンギが目についたので、そちらのメーカーで調べたところ色々なデザインの物がピックアップされ、その中でデザインがツボだった今のケトルに出会いました。

電気ケトルを買う際に重要視したポイントとは?

何度かネットショッピングにて家電を買った際に失敗もありましたので、店頭で購入も考えたのですが、出向く時間も持ち帰る人手もなかったためネットで購入するときはきちんとした有名なメーカーのものを買いたいと思っていました。

デロンギでは幅広い小物家電も多く取り扱いがあり、調理小物家電もたくさん発売していたため、故障やトラブルがあった場合は家電量販に持ち込んだ際でも修理依頼しやすいと感じたためです。

また人目につくキッチンの見える場所に置いて置くため、デザイン性の高いものでありながら使い勝手のいいものがよかったので、こちらを購入するに至りました。

購入に迷った電気ケトルは?

購入に迷った電気ケトルは以下の商品です。

デロンギ 電気ケトル KBI1200J

BALUMUDA The Pot

まずはバミューダ ザ・ポットですが、いつかは購入したいと思ってます。トースターと合わせてキッチンに置きたいと言う願望がありました。見た目もおしゃれでこれをキッチンに置けたらいいなぁと考えていたのですが、まずはお値段が一万円以上。流石に他にも様々な電気ケトルがお安くあるのにも関わらず、メーカーとデザイン性が好みなだけで購入するのは勿体無いなと思いました。

また使用するのはほぼ私なのですが、ごく稀に夫が使用するのでデザイン性のある注ぎ口は熱湯をこぼす要因になるかとも不安になり購入に至らず。

また同じメーカーであるデロンギの商品は容量変わらずにも関わらずお値段が少し上がり、口コミを見たところ上部にある蓋が固いとあったので、子供がもし使うときには不便かもと考えて購入を見送り、今の商品を購入することにしたのです。

デロンギ 電気ケトル アクティブシリーズ KBLA1200Jの特徴、性能

●型式:KBLA1200JBK(KBLA1200J-BK)
●本体サイズ(幅×高さ×奥行き): 215×190×165mm(本体のみ)、215×205×165mm(本体+ベース)
●本体重量: 0.7kg(本体のみ)、0.9kg(本体+ベース)
●コード長: 1.3m
●電圧・周波数: 100V 50/60Hz
●消費電力: 1200W

商品の重さはは電源の部分を含めて0.9キロのため、ケトル自体はさらに軽量。そのため、片手で簡単に持ち運びしやすく使いやすいです。

大きさも容量が1.0リットルのサイズのためコンパクトになっているため、キッチンスペースに置きっぱなしになっていても邪魔にはなりません。

見た目もブラック色をチョイスし、デザイン性もあってむしろ置いておくだけでおしゃれなキッチンに感じます。

容量は1.0リットルとなっており、最少200でミリリットルから最大1リットルとちょっとしたカフェタイムやお茶を作る時に取っ手地殻にメモリがついていて沸かしたい分の水を入れることが出来るため便利です。

またうとましかった電源のコードは電源ホルダーに巻き付けておけるようになっており、延ばしすぎて邪魔になることもなくなりました。

デロンギ 電気ケトル アクティブシリーズ KBLA1200Jのメリット

使って約3ヶ月ほど経過しましたが毎日使うほどとても重宝しています。

まず何より良かったのが前のティファールに比べて給水しやすいことにあります。昔使っていましたティファールの電気ケトルに水を給水する際、上部の蓋にツマミがあり、それを押し込んで持ち上げることでロックが外れ蓋が開くようになっていました。そのため、開けるときには必ず両手にて給水しなければなりませんでした。

しかし、今回のデロンギの電気ケトルは持ち手の上部にプッシュボタンがついており、そこをワンプッシュするだけで給水口のふたが開く仕組みになっているため、片手でらくらくに水を給水出来るようになりました。

また電気コードの収納がホルダーの底に巻き付けておけるようになったので、以前は絡んでしまいほどくのが面倒だったコードが絡むこともなくなり、またキッチンの棚の上も見映えがすっきりとしました。

デロンギ 電気ケトル アクティブシリーズ KBLA1200Jのデメリット

こちらの商品のダメリットと思うところの1つが沸き上がってからの確認が取りにくい点があります。

前回使用していましたティファールですとケトルの底あたりより湯沸かしの最中はブルーライトが点灯し、沸けばライトが消えてお知らせしてくれるため少し離れた場所でも確認しやすく便利でした。

しかし、デロンギのケトルは湯沸かしの際のスイッチの側面、一部分のみが湯沸かし中に光り、終われば消えるので側にまで寄らないと確認しずらい点があります。

2つ目のデメリットとしてはケトルの容量確認メモリの部分が持ち手と向い合わせの場所にあり、置き方によれば確認しずらいところがあります。

そのため誤って規定の容量以上に水を入れすぎてしまうと持ち上げた際に、ケトルの底縁回りから水が漏れてきてしまいます。

また湯沸しをした際には多目に水を給水してしまうと沸騰した際に、底から漏れてきたお湯が電源プラグと卓上をお湯びたしにしてしまい、火傷する危険があるのがデメリットです。

デロンギ 電気ケトル アクティブシリーズ KBLA1200Jの総合評価

総合で見ますと個人しては好評価をつけたいのですが、家族的に見ると7点です。カラーは3色の中で汚れや劣化での黄ばみが目立たないブラックをチョイスしました。

見た目には主人も気に入ってくれ、片手でワンプッシュで上部の給水口が開けれるのもよかったのですが、やはりお湯が沸かし終えたかの確認が見にくいのがネックなようです。

また容量の確認の場所も見にくいのが残念と言われました。

しかし、私的には片手で給水できる所に電源コードの収納が可能になったので他のコードと絡む心配もないのがよかったです。またティファールでの給水口のつまみには誇りがたまりやすく、溝の掃除に苦労したのですがそれがなくなったことも高ポイントになりました。

デロンギ 電気ケトル アクティブシリーズ KBLA1200Jの口コミ・評判は?

デロンギ 電気ケトル アクティブシリーズ KBLA1200Jのネットでの評判を調べてみました。以下、良い口コミ、悪い・要望などの口コミをどうぞ。

良い感想や効果があった口コミ

  • とにかくカッコイイので買いました。外側も熱くならないし、軽い力で蓋も開くし、使いやすいです。
  • ワンタッチ給水開閉は楽です。
  • 沸かしたことを忘れるほど静か。

悪い感想や要望などの口コミ

  • 給水メモリが見えにくい。
  • 外側が熱くなります。
  • 沸くのが遅い。

SNSの反響は?

インスタでもデロンギ 電気ケトル アクティブシリーズ KBLA1200Jは話題になっているようです。

この投稿をInstagramで見る

@amn_nzmがシェアした投稿

ちょっと前に欲しかった電気ポットきたきた。

この投稿をInstagramで見る

キキさん(@vhmomiji)がシェアした投稿

イトーヨーカドー(アリオ)様より当選通知を頂いていた、デロンギのアクティブシリーズ 電気ケトルが届きました。

この投稿をInstagramで見る

Naoさん(@itsuki77)がシェアした投稿

デロンギの電気ケトルかっこいー。

デロンギ 電気ケトル アクティブシリーズ KBLA1200Jの購入を考えている人へアドバイス

電気ケトルをこれから購入しようかなと考える人で、コーヒーや紅茶の好きな方、ひとり暮しでインスタントなどでちょこちょことお湯を沸かす人に、またご年配の方にもこのコンパクトで軽量でありながら1.0リットルのお湯を沸かすことが可能なデロンギの電気ケトルはオススメです。

コスパもよいだけでなく、インテリア性のある見た目ですので、収納する場所がない小さなキッチンでも大丈夫。

電源コードの調節が出来ずに絡んでしまうことなく、プラグの底に収納できる作りになっているため、そのまま出しっぱなしの状態でも生活感がでることなくおしゃれです。またカラーはホワイトとブラック、レッドの3色展開しているので、ご自身のお家にあったカラーを選ぶことができます。

  • ひよりさん』(33歳/女性)のその他のレビューはこちら
ひより | LIBLOOM | LIBLOOM
「ひより」の記事一覧です。
電気ケトル
スポンサーリンク
■この記事の担当
ヒデ

libloomスタッフのヒデです。43歳で奥さんと3人の子供と暮らしています。家電やスマホ用ガジェットなど大好きで、「libloomレビュワー」さんのインタビューも僕が担当しております。

近々、新築を建てる予定でして、そのタイミングで電化製品などおおよそ買い替えるつもりでいますので、libloomでも僕が実際に購入した商品をレビューしていきますよ!

libloomのレビューはガチです。実際購入した方の情報を正確にお伝えすることを心がけています。今後ともlibloomをよろしくお願いします。

ヒデをフォローする
ヒデをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
LIBLOOM